日傘を正しく選ばないと逆効果!?あなたの選び方間違っているかも。

日傘

 

夏は紫外線対策が欠かせない季節です。

そんな夏の必需品アイテムの一つが「日傘」ですよね。

常に持ち歩くものなので、可愛いデザイン等みなさんこだわりを思って選ばれていると思いますが、見た目が可愛いだけでちゃんと紫外線をしっかり防いでくれているのか、気にしたことはありますか?

今回はそんな紫外線対策に欠かせない日傘選びのポイントをご紹介いたします。

 

日傘紫外線

◆しっかり紫外線を防いでくれる素材選び♪

夏の紫外線は肌の大敵ですよね。

なのでUV効果の高い日傘を選ぶことが大切になってきます。

最近では、紫外線を防げる数値の「UVカット率」が表示されているものが多いので、まずはなるべくこの数値の高いものを選びましょう。

紫外線を防ぐ効果が高いとされる素材は、ポリエステルなどの化学繊維になります。

ポリエステルでも透けたものではなく、しっかりした厚地のものを選びましょう。

効果の高いものほど厚手になるので、少し重いですがシミを防ぐという目的のために意識してみてください。

 

日傘黒色白色

◆黒色、白色の日傘だとどっちが紫外線カットしてくれるのか。

そもそも傘の色が、UVカット率に影響があるのか気になりますよね!?

店頭などでは黒色の日傘をよく見かけるので、一般的なイメージでは「黒色」が強いですよね。

黒は紫外線を吸収してくれる色なので、肌への影響を極力少なくしてくれます。

しかし同時に熱も吸収してしまうため、傘の中が暑くなってしまうというデメリットがあります。

一方、白色など明るい色の場合は、光や熱を反射する性質のため、UVカットと暑さ対策のどちらもしたいという場合には、明るい色がおすすめです。
ですが、最近はどの日傘にもUVカット加工がされているので、色はそれほど関係ないとも言えるでしょう。

UVカット率の高いものを選び、自分のお気に入りの色の日傘で紫外線対策してくださいね(^^)

 

aisu

◆照り返し対策見落としていませんか!?

よく見落とされがちですが、実は日傘を使う上で注意しなければならないのが、傘の内側の生地なんです。

紫外線は上からだけでなく、アスファルトなどに当たり反射して顔に当たってしまうこともあります。

この照り返し対策が何もされていない傘だと、せっかく日傘をさしていても効果は半減してしまいます。

日傘を選ぶ際には、内側にもUV加工されているかしっかりチェックしましょう。

また、加工されていてもシルバーコーティングなど光沢のあるものだと逆効果になってしまいます。

傘の内側では照り返してきた紫外線をさらに反射してしまうので、顔に集めているのと同じことになってしまうからです。

内側は照り返しを吸収してくれる黒色で、なおかつ光沢のない素材でコーティングされているものが良いでしょう。

 

日傘画像

日傘を選ぶ時は、素材や内側の生地など様々なポイントを意識して、自分に合ったものを探してくださいね。

そして夏の紫外線から自分の肌を守りましょう♪

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.