女性からのLINE、その好意を見逃さないで!

「女性 スマホ」の画像検索結果

連絡ツールが変われば恋愛スタイルも変わる。
まさにその通りで、ポケベル時代を経て、電話・メール、いまではLINEが主です。

LINEは、すぐに連絡が取れるからこそ、相手の気持ちを読みにくい。
メールのように文章として書く事は多くなく、一言二言の会話の様なもの。

ましてや、40代と20代ではLINEの使い方自体にジェネレーションギャップがありますよね。

もしかしたら、40代男性たちは、美女たちからのアプローチをスルーしてしまっている可能性もあるんです。
というのも、メールでのやり取りが主だった時代とLINEが主流になった現代では女性の好意の示し方についても変わってきているのです。

<メールとLINEの違い>

ハートマークはもう古い。
可愛いスタンプが大量に溢れているLINEでは、もはやメール時代によく男性を勘違いさせていたハートマークは古いのです。

女性としては、可愛いからという理由で使っているハートマークがついたデザインのスタンプを他意なく男性に送っているのだとか。

そこで、ハートマークやスタンプなどでは好意を示さない現代の女性たちは、会話の内容で好意を示すのだそうです。

それはストレートな言葉ではなく、何気ない報告。

家に帰ったとか、仕事終わったとか。
そういった、言ってしまえば言う必要のないような報告ごとをわざわざ連絡してくる女性はあなたに少なからず好意があると考えてよいそうです。

<好意の示し方>

会話のように受け答えができるLINEならではの好意の見分け方として、その日のLINEが途切れるとき、どちらの連絡で終わっているかという点。

あいての返事で会話が終了しているのならば、脈ありと判断して良さそうです。
というのも、手軽に返せるLINEだからこそ、会話の終わり時って難しいですよね。

だからこそ気になる相手とのLINEは長く続けたいと女性は思うのです。
つまり、女性側の連絡で終わっているということは、女性はずっと連絡をとっていたいと思っているという事。

その他にも、簡単に返せるツールではあるものの、女性からの連絡が多くの内容で長い文章になっている場合も好意を寄せている可能性があります。

見落とさないようにしましょう!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.