夏の大敵クーラー病!対策と予防策とは!

2

 

暑くなってくると、自宅でも職場でも、あるいは他のあらゆる施設でも冷房が掛かるようなりますよね。

自宅ならまだ自分にとって快適な温度に調節出来ますが、職場や外の施設などでは、ガンガンに冷えた冷房にただ耐え忍ぶしかない・・・そんな場面も多いはずです。

そんな環境に長い時間いると、何となく体がしんどい・・・辛い・・・そう思ったことってありませんか?

それは夏バテなどではなく、「クーラー病」かもしれません。

 

クーラー病の症状

 

5

 

クーラー病、もしくは冷房病は冷房の効いた環境にいることで主に発生する身体の不調のことを指します。

その症状は人によりそれぞれですが、

 

・めまい

・吐き気

・肩こり

・頭痛

・手足の冷え

・食欲不振

・疲労感 etc・・・

 

特に強く出る症状はめまいであると言われています。

夏バテの症状と誤解しやすいことから、クーラー病と自覚がない人も多いそうです。

 

 

クーラー病の原因

 

何故クーラー病になってしまうのか、それは冷気が原因で自律神経に乱れが生じるからです。

急な温度の変化に人間の体は対応しきれず、対応しづらい温度差は±5度以上と言われています。暑い外からキンキンに冷えた室内へ・・・、温度差が大きすぎると自律神経が乱れてしまうというわけなんですね。

また、同じ場所にあまり長くいすぎると、身体はその温度に対応しようとします。そうして温度に慣れた後に、また気温差が大きい場所に移動すると、やはり自律神経に乱れが生じてしまうのです。

これが繰り返され自律神経が乱れることで、めまいなどの症状が出てくるようになります。

 

 

対策と予防は?

 

3

 

クーラー病の予防に一番良いのは外の気温と室温の差を最小限にとどめることです。

自宅のようにクーラーの設定をいじれる場所であるなら、外の気温から5度以内に設定を変えると良いでしょう。

 

また、職場などでクーラーの設定をいじれない場合は、出来るだけクーラーの風に当たらないように工夫するのも効果的です。

その場合は薄手のカーディガンや長袖の服を1枚着たり、ひざ掛けがあると自分を冷房を守ることができます。

 

 

夏だけど身体を温める

 

4

 

夏は水分補給が大事!ただし、クーラー病の際は冷たい飲み物は避けましょう。

常温、もしくは温かい飲み物を飲むことをオススメします。

また、夏によく食べるトマトやキュウリは実は体温の低下を招いてしまいがち。唐辛子やネギ、しょうがなどの身体を温める食材も一緒に摂るようにしましょう。

 

自律神経が乱れた身体には、軽い運動やぬるま湯に浸かってリラックスすることも効果大!

少し早歩きをしてみたり、もしくはラジオ体操をしてみたり、少しの時間で出来る軽い運動をしてみるだけでもとても効果があります。

また、ぬるま湯に10分程度浸かって身体を温めてあげると、体温が上がって冷え症の改善にも繋がります。

運動する余裕なんてない!という方は、ふくらはぎのマッサージをオススメ!血流を良くなるので効果的です。

 

暑すぎず、寒すぎず・・・。中々今の世の中では難しいかもしれませんが、出来る限り自分の体をいたわることが大切です。身体に負担が掛からないように日々こころがけてみましょう!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.