アナログ絵を簡単綺麗に取り込める!超オススメアプリ『CamScanner』!

mangaka_woman

 

今の時代、イラストや漫画を描く時はアナログではなくもっぱらデジタル、という方が多いと思います。

手軽なアンドゥとリドゥは消しゴムでは出来ませんし、絵具やコピックでは塗りつぶしも出来ません。手は汚れるし消しゴムのカスは出るし、レイヤーもないので一発勝負です。

しかし、アナログにはアナログにしかない色彩や奥深さがあるのもまた事実。デジタルはあくまで絵を描くための道具であり、絵を描く力を身につけるには、まずアナログで練習した方が良いという声は強くあります。他にも、手軽に落書きがしたい時、イベントでスケブ(スケッチブック)を描いたり、思いついた構図をネームをとりあえず書き留めておきたい時などなど・・・、アナログで絵を描く機会というのは実は多いものなのです。

 

アナログでイラストで書いてツイッターなどのSNSにアップする・・・、そういうこともあるかもしれません。何となく描いたからインスタグラムやツイッターにアップしとこ、みたいに思うことは多くあると思います。もしくは、アナログで書いた線画を取り込んでデジタルで色を塗りたい、など

しかし、その時に気になるのは、アナログのイラストをSNSに上げる時のアップ方法。イラストを普通の携帯・スマホのカメラで撮影してそのまま添付して・・・というのが一番楽ではあると思うのですが、ちょっと待った!!

カメラで撮ってそのまま・・・というのはどうしても手ぶれなどでイラストが綺麗に映りにくいもの。高画質のカメラでも光が入ってしまったり、軸がぶれて後ろの背景まで映ってしまったりと、中々難しいところです。

せっかく描いたイラストなのですから、SNSにアップして公開するなら、綺麗に映ったイラストをアップしたいですよね。

ここでは、アナログイラストを取り込む際に是非使ってみてほしいアプリをご紹介します!!

 

 

CamScanner

 

CamScanner

 

CamScannerは、撮影した書類やイラストをスキャンしてPDFファイルにしてくれるアプリです。

無料版と有料版がありますが、無料版で十分。

アプリを起動、画面の左下にある緑のカメラのボタンをタッチするとカメラが起動します。そのカメラで取り込みたいイラストを撮影!少し斜めになってしまったりなどしても全く問題ありません。ただ光が入らないように気をつけてくださいね。

撮影が終わったら緑の枠線が出てきますので、その枠線をイラストの用紙に合わせます。調整自体はとてもスムーズ!

 

CamScanner1

 

調整が終わると、何と、斜めに映っていた用紙もまるでデジタルのように綺麗に平行に見た状態で取り込むことが出来ます!

PDF作成時に画質を選ぶことも可能、あとは作成したPDFをスクショ(スクリーンショット)すればOK!

あとはそのままSNSに上げるもよし、他の画像編集ソフトで加工するもよし!とてもおすすめのアプリです!

 

CamScanner2

 

ダウンロードはこちらから

(App Store) / (Google Play)

 

 

他にも、チラシやノートの板書などを取り込んでみたりなど、活用法は様々!お手軽に綺麗に取り込めるので、とても便利かつ心強いアプリです。

是非一度試してみてくださいね!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.