遠征にイベントに!キャリーバッグの正しい持ち方とは?

キャリーバッグ

 

お仕事の出張を始め、家族や友達との旅行、他にも舞台にミュージカルにライブツアーにお渡し会、同人誌即売会にイベントなどなど・・・。遠征する、しなければならない、そんな機会は割と多く訪れます。

それは地方にお住まいの方でも関東圏にお住まいの方でも同じこと・・・。どちらかといえば、地方の方が関東圏に行く機会の方が多いのでしょうか。イベントなどは大体東京で開かれますからね、地方民にとっては遠征費もバカにならないですがこれも仕方がない・・・。

 

日帰りなのか宿泊するのか、何泊するのか、によって、当然準備する荷物の量も変わります。

日帰りや1泊ぐらいなら手軽な荷物で良いのでしょうが、何泊もする場合や、イベントで戦利品の薄いブックを大量に購入する予定の場合は、やはりキャリーバッグを使いたいところですよね。特に薄いブックは、1冊1冊は薄いかもしれませんが、いっぱい集まると・・・重いんだ・・・。

特に同人誌即売会などのイベントは、そんなに買う予定ないしー、遊びに行くだけだからーと軽い気持ちで行くと、気付けばショルダーバッグが戦利品でぎゅうぎゅうになり、肩にかかる薄いブックの重みと熾烈な争いを繰り広げながら、悠々とキャリーバッグを引くお姉さん(もしくはお兄さん)を羨ましく横目で見やる・・・そんな経験をした方もいるはずです。

 

そんなわけで、積極的に活用していきたいキャリーバッグ。

人によっては相棒と呼べるかもしれない程お世話になるキャリーバッグですが、先日こんなツイートが話題になりました。

 

 

4輪のキャリーバッグの正しい持ち方、ということで可愛らしいイラストでわかりやすく紹介されています。

つい斜めに傾けて持ってしまいがちなキャリーバッグですが、やはりそれは片側の車輪にだけ特に負荷が掛かるので気をつけた方が良いとのことです。

特に暑い日などで地面の温度が高い時は、その熱で車輪部分に相当なダメージとなります。引いている途中で車輪が取れてしまって悲惨なことになることも・・・!

そもそも4輪のキャリーバッグは4輪での利用を前提として作られているので、2輪で利用すると壊れやすいと言われています。

4輪のキャリーバッグをご使用の方は、是非水平にして持つことを意識してみましょう。

 

キャリーバッグ1

 

でもキャリーバッグを後ろで斜めにして引っ張って持つ方からすれば、いざ水平に持つのはなかなか慣れなくて難しいものですよね。

しかし、そもそもキャリーバッグは便利な相棒である以上に、傍から見れば大きくて時に邪魔になるバッグです。前を歩いている人が斜めにキャリーバッグを持っていて、キャリーバッグに当たりそうになった、もしくは当たりそうで怖い、と思った経験をお持ちの方もいるはず。

まずは持つ方もこれまでの認識を変えてみましょう。後ろで引っ張るのではなく、ハンドルを短くして体の横に水平にして持つ、もしくは体の前に出して押すようにしてみるなど、心がけが大事です!

 

キャリーバッグ3

 

もしくは、そもそも4輪ではなく2輪のキャリーバッグを使っている、という方もいるかもしれません。

2輪のキャリーバッグはまず水平に持つことが水平に持つことが困難なので、おのずと後ろ手に持って引っ張る形になります。

ついつい後ろへの意識が疎かになり、小さいお子さんやご老人とぶつからないように、最大限の注意を!

 

キャリーバッグ2

 

正しい使い方で頼れる相棒のキャリーバッグを少しでも長持ちさせてあげましょう!

色々な場所に持っていったキャリーバッグ、きっと見るだけで色んな思い出が蘇ってきて楽しくなるはずです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.