暑くなってくると、自宅でも職場でも、あるいは他のあらゆる施設でも冷房が掛かるようなりますよね。 自宅ならまだ自分にとって快適な温度に調節出来ますが、職場や外の施設などでは、ガンガンに冷えた冷房にただ耐え忍ぶしかない・・・そんな場面も多いはずです。 そんな環境に長い時間いると、何となく体がしんどい・・・辛い・・・そう思ったことってありませんか? それは夏バテなどではなく、「クーラー病」かもしれません。   クーラー病の症状     クーラー病、もしくは冷房病は冷房の効いた環境にいることで主に発生する身体の不調のことを指します。 その症状は人によりそれぞれですが、   ・めまい ・吐き気 ・肩こり ・頭痛 ・手足の冷え ・食欲不振 ・疲労感 etc・・・   特に強く出る症状はめまいであると言われています。 夏バテの症状と誤解しやすいことから、クーラー病と自覚がない人も多いそうです。     クーラー病の原因   何故クーラー病になってしまうのか、それは冷気が原因で自律神経に乱れが生じるからです。 急な温度の変化に人間の体は対応しきれず、対応しづらい温度差は±5度以上と言われています。暑い外からキンキンに冷えた室内へ・・・、温度差が大きすぎると自律神経が乱れてしまうというわけなんですね。 また、同じ場所にあまり長くいすぎると、身体はその温度に対応しようとします。そうして温度に慣れた後に、また気温差が大きい場所に移動すると、やはり自律神経に乱れが生じてしまうのです。 これが繰り返され自律神経が乱れることで、めまいなどの症状が出てくるようになります。     対策と予防は?     クーラー病の予防に一番良いのは外の気温と室温の差を最小限にとどめることです。 自宅のようにクーラーの設定をいじれる場所であるなら、外の気温から5度以内に設定を変えると良いでしょう。   また、職場などでクーラーの設定をいじれない場合は、出来るだけクーラーの風に当たらないように工夫するのも効果的です。 その場合は薄手のカーディガンや長袖の服を1枚着たり、ひざ掛けがあると自分を冷房を守ることができます。     夏だけど身体を温める     夏は水分補給が大事!ただし、クーラー病の際は冷たい飲み物は避けましょう。 常温、もしくは温かい飲み物を飲むことをオススメします。 また、夏によく食べるトマトやキュウリは実は体温の低下を招いてしまいがち。唐辛子やネギ、しょうがなどの身体を温める食材も一緒に摂るようにしましょう。   自律神経が乱れた身体には、軽い運動やぬるま湯に浸かってリラックスすることも効果大!Read More →

  いつも太ると”ダイエットしなきゃ~”と思い ネットでいろんなダイエット法を調べたりしていませんか? しかし、調べてみると沢山あって結局”後回し”にしてしまったり、、、 飽き性だしズボラだけど痩せたいそこのあなたにピッタリな ダイエット法教えちゃいます♡ 明日からといわず、今日から始めてみませんか?♡       気づいた時に姿勢を正そう♡ 筋トレや運動を始めても続かない方にはコレ♡ 気づいた時に、背すじを伸ばし姿勢を正すことでプチ筋トレ! やり方はこちら↓   ①肩を後ろに引き背筋を自然に伸ばす。 ②おなかをヘコませて引き上げる。 ③お尻をキュッと締める。   PC作業が多い人は特に肩が内に入りがちになりやすいので 意識することで肩が内に入りにくくなり、姿勢が改善されます♪             食べる前にお水をコップ1杯飲もう♡ 食べる前にお水を1杯飲むだけで食べ過ぎを防げます♡ ”お水をコップ1杯飲むだけで?”と思う方もいるでしょうがそれだけでも 空腹感も落ち着くので食べすぎを少し防げるでしょう♪ また、水分補給といっても仕事柄あまり取れない方も多いと思います。 ”喉乾いたかも”と感じる時にはも既に水分がかなり不足しているのだとか! ですので食事の休憩の時にでもしっかり水分を取ることは ダイエットにも身体にも良いのでおすすめです♡             呼吸を意識しながら歩いてみよう♡ 呼吸って普段あまり意識したりしないですよね。 しかし、そんな呼吸の仕方を変えるだけで良い効果もあるんです! 身体には体内に取り入れた「酸素」の助けで脂肪を燃やすしくみがあります。 何かに集中しているときって呼吸も浅くなりがちになってしまいますよね。 深い呼吸のできる”複式呼吸”を意識して、”消費しやすいカラダ”に変えていきましょう♡   また、歩くリズムに合わせて深呼吸をすることを”深呼吸ウォーキング”というのですが それを実践することによって、“セロトニン”という神経を落ちかせてくれるホルモンが出てRead More →

私ってなんでこうなんだろう……そんな風に落ち込むことはありませんか? 相手の気持ちや、物事の結末なんて、いくら考えたところで結果は変えられません。楽観的な人を羨ましく思ったり、この人には分からないとイライラすることがあるのなら、ぜひ「シンプルに生きること」について考えてみてください。   ○考え込んでしまう人は あれこれと考えてしまう人こそ、本当はシンプルに生きたいと思っているはずです。 なるようにしかならないことは分かっているけれど、一度考えだすと止まらなくなり、本来の目的や周りからのアドバイスがどんどん遠くなってしまうんです。 シンプルに生きるということは、きちんと受け止めることでもあります。他に原因を探ったり、どうしてそういう態度だったのかを深く考えすぎたりすると、人間不信になり本質とはズレた答えに縛られてしまいます。 シンプルに生きたいと思う人は、きっとそんな自分の癖を分かっているはず。     ○身の周りをしシンプルに、身軽に ①思い切って断捨離を 物が多い環境だと、頭の中にもたくさんの思いや悩みが湧いてきます。部屋や机の上を見てみると、何となく捨てなかった袋や、二度と使わない古い化粧品、空の容器がありませんか? 何となく捨てないって、別にたいしたことじゃないと思いますよね。けれど、物への執着が結果として表れていることが多いんです。一度断捨離や大掃除をしてみると、心がとてもスッとします。これもシンプルに生きる為に必要なことです。 ②アドレス帳を見直す もう二度と会わない人、誰だか思い出せない人が連絡帳やLINE(ライン)に登録されていませんか? これを一度整理してみましょう。 思い出せないからといって全員消してしまう必要はありません。仕事で関わる人なのに思い出せない……ということもよくあります。 例えば、「たかし」や「ゆーた」など、これはプライベートで連絡先を交換しただけの人だ! という名前の人から削除しましょう。 ③フットワークは軽く あれこれと考える癖があると、何をするにも「それは楽しいのか」「傷つくことはないか」「ただ疲れて終わるのではないか」と疑念を持ってしまうことがあります。 断捨離の時に外出しやすいスニーカーや、持っていて疲れないバッグ、メモ帳、筆記用具などを分かりやすい位置に置いておくようにしましょう。 それだけでも出かけてみようかな、楽しいかもしれない、と思う気持ちが湧くでしょう。       何事も受け入れる姿勢であることが大切です。これはとっても難しいのですが、自分にとっての基準を定めると、意外と「まあそれぐらいならいいか」と思えるようになります。 例えば、「これ以上のことをされると私は不愉快になる」「こういうことをされると信頼できない」など、ある程度の決まりを作り、それ以外は上手く流すようにしましょう。たいしたことでもないのに、イライラや不信感が出てきたとしたら、それはあなたの心がまだ未熟だからです。 相手がこう言っている、だからこうなんだろう、じゃあそれでいいや。 この考えができるようになれば、自分に正直に生きることもできます。相手を抑え込もうとする人は、自分の心にも素直になれないことが多いので、起きたことをそのままに、あまり考察せずにいられると良いですね。Read More →

秋の訪れを感じる季節になりましたが、寒暖差やストレス、生活リズムの乱れなどにより 自律神経のバランスが崩れると心身共に疲れを感じやすくなります。   ○呼吸と自律神経 自律神経系はホメオタシス(恒常性)維持の為、意志とは関係なく常に働いています。 主に内臓や皮膚に分布し、心臓、消化器、血管、汗腺などの働きを調整し 2つの相反する作用を持つ交感神経と副交感神経があります。 交感神経は身体を活発に働かせて副交感神経は睡眠や休養時に働きこの2つはバランスをとりあっています。 自律神経の不調は、この二つの神経系のバランスがとれなくなった時に 疲れる、良く眠れない、汗をかきやすくなるなどの症状が現れます。 現代社会はストレスを感じやすく、交感神経が活発になりがちです。 副交感神経の働きを優位にし、ストレスを開放し、自律神経のバランスを整えましょう。 呼吸と生活リズムを整える事は、自らを整えるだけでなく、周り(自然)と調和する事に繫がります。 ゆったりとした呼吸、動作、自然と調和した生活リズムを心がけると、肉体的な疲れやイライラなど精神的な疲れが軽減されます。   また、現代人は呼吸が浅くて速いと言われています。 浅い呼吸は精神的なストレスや運動不足で気が上がっている状態です。 イライラすると呼吸が浅くなるので、呼吸をゆったりさせ、気を下げるように意識しましょう。 呼吸は、自律神経の働きと密接に関係し、特に呼気(吐き出す息)は副交感神経の働きを高めます。長く深く吐く事を意識して、心身共にリラックスしましょう。   ○丹田呼吸法とは 丹田とは、「おへそ」のすぐ下(膀胱の周辺)に位置し、生命エネルギーをつかさどる場所です。 このポイント意識して行う呼吸法です。 緊張したりストレスを感じている時は、肩に力が入り、頭に気が集中しているので、この呼吸法を行うと心身共にリラックスします。 丹田呼吸法を行う前に身体を振ったり、肩の上げ下げを行い、身体の力を抜いてから行うと良いでしょう。   ① 丹田に軽く手を添えて、意識しながら呼吸します。 ② まずは、口からゆっくりと息を吐き出し、お腹と背中をくっつける気持ちで息を吐き切ります。 ③ 息を吸う時は、添えた手を軽く意識しながら丹田を膨らませるようにして鼻からゆっくり大きく吸い込み、これを繰り返します。   疲れていたり嫌な事があると、下を向き呼吸が浅くなります。 吐く事は浄化を促すので、嫌な事があったら呼吸と共に吐き出しましょう。 笑顔でいると副交感神経がUPしリンパ球が活性化し、免疫力が高まると言われています。疲れたり嫌な事があった時こそ口角を上げ、リラックスしていきましょう。   現代生活では、夜中でも明るく快適に過ごせるので、意識をしないと自然に即した生活のリズムで過ごすことは難しかもしれません。 夜型の生活になると体内時計が乱れ、疲れを感じやすくなったり ホルモンバランスが乱れ女性周期が不安定になったり、心身の不調をきたしやすくなります。 忙しかったり暑いと、シャワーだけで済ます方が多いと思いますが 疲れている時こそ湯船に浸かって心身の疲れを癒してから入眠すると睡眠の質が高まります。 夜の入浴は、ぬるめの湯の方が副交感神経を優位に働かせる事が出来ます。 逆に朝は、やや熱めの湯にすると交感神経が優位に働き、やる気のスイッチが入ります。 ただし、血圧の高い方は、注意しましょう。Read More →

  朝に起きるのが苦手、朝どうしてもすっきり起きられない、ずるずると二度寝してしまう、何個目覚まし時計をかけても無意識の内に全部止めてしまっている、携帯で目覚ましのアラームをかけていてもつい携帯を投げ捨ててしまう、ベッドから出たくないなどなど・・・。朝に起きるのが苦手な方、きっと多いと思います。 寝ていられるならいつまでも寝ていたい・・・、そんな人間の心の弱さ・・・。しかし悲しいかな、朝は毎日必ずやってくるのです・・・。 辛い、辛いけれども起きなければならない、でも起きるのが苦手!そんなあなたに朗報です!     大体の目覚まし時計は音で時間を知らせるタイプの目覚まし時計だと思いますが、こちらは何と音ではなく、光で起こしてくれるタイプの目覚まし時計! 起きる時間の30分前から徐々に光が明るくなるタイプで、その眩しさで自然と目を覚ますことが出来るのだそうです。   強い光を浴びることで人間の体内時計はリセットされるため、自然な目覚めで起きられるのがこの目覚まし時計。 光と音の2種類から選ぶことも出来るため、どうしても寝坊出来ない!という方は2種類の目覚ましをかけることも可能!   欠点があげるならばうつぶせで寝る方にはあまり効果がないこと・・・。 ですが、毎日の起床でお悩みの方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?Read More →